一般診察

中耳炎

中耳炎の症状、治療

当院では24時間受付のネット予約・問診システムを導入しております。
混雑状況によってお電話でのご対応が難しい場合がございますので、ネット予約システムをご利用ください。

ご予約はコチラ

症状

急性中耳炎は、耳の奥にある鼻や口へとつながる「中耳」という部分に細菌やウイルスが入りこみ、炎症が起きたり、「膿」がたまる病気です。風邪をひいたときには、のどや鼻にウイルスや細菌がくっついていて、それらが「耳管」をとおって耳にはいりこみ、炎症を起こして中耳炎になります。

急性中耳炎になると、中耳に膿が溜って腫れることで、ズキズキとした激しい耳の痛みが起きます。また、発熱、耳だれ(耳漏)、耳がつまった感じなどの症状も出ます。赤ちゃんの場合は痛みを正確に訴えることができないため、機嫌が悪くなったり、ぐずったり、しきりに耳を気にして触ることが多くなることがあります。

急性中耳炎の診断は、耳の中にある「鼓膜」の様子から判断します。日中であれば受診していただき、夜中に症状を訴えた場合は、解熱鎮痛剤などで痛みを和らげてあげましょう。

治療

経過観察と場合によっては適切な治療をすることで、ほとんどの場合は完全に治ります。しかし、治療を途中でやめてしまうと、滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)、反復性中耳炎(はんぷくせいちゅうじえん)や慢性中耳炎(まんせいちゅうじえん)に移行してしまうことがあります。

完全に治るまできちんと治療を受け、経過観察することが重要です。

こどもは中耳炎にかかりやすい

こどもの場合は、

  • 鼻・口と耳をつなぐ「耳管(じかん)」が太く短い
  • 耳からのどまでの傾斜がゆるやか

という2つの特徴があるため、細菌やウイルスが侵入しやすく、中耳炎になりやすいのです。また、全身の抵抗力やのど、鼻の粘膜の抵抗力が未熟なため風邪をひきやすく、その結果、中耳炎にもなりやすいのです。

当院では24時間ネット予約、ネット問診が可能です

当院では24時間受付のネット予約・問診システムを導入しております。
混雑状況によってお電話でのご対応が難しい場合がございますので、ネット予約システムをご利用ください。

ご予約はコチラ

PAGE TOP