一般診察

熱中症

熱中症

梅雨が明けると本格的な夏が始まると感じる方は多いのではないでしょうか?
真夏に発症するイメージが強い熱中症ですが、梅雨入り前から熱中症になる方も多いそうです。

体がまだ暑さに慣れていないこの時期、急激な暑さや、梅雨時の蒸し暑さが熱中症を引き起こしてしまいます。気温がそれほど高くなくても、湿度が高いと汗が出にくくなるため、油断はできません。

熱中症とは?

熱中症とは、高温多湿のように体温が下がらない環境にいることで、めまい・たちくらみ・筋肉の硬直や痛み(こむら返り)・気分不良・吐き気・だるさなどの症状が起こることを言います。幼児では、顔が赤かったり、ひどく汗をかいている場合は熱中症を起こしている可能性があります。

熱中症は若い男性や中年男性、高齢者に多く、特に若い男性の場合は、スポーツ場面での発生が多くなっています。

熱中症対策

  • こまめな水分補給と適切な塩分補給をすること
  • 通気性の良い衣服と帽子を着用すること
  • 疲れを感じたら涼しい場所で休むこと

お子さまは何かに夢中になっている時や、楽しい時などは、自分で体調の変化に気付けないこともあるので、 保護者の方が目を配ることが大切になります。
体調の変化に気を付けながら、楽しい夏を迎える準備をしていきましょう。

当院では24時間ネット予約、ネット問診が可能です

当院では24時間受付のネット予約・問診システムを導入しております。
混雑状況によってお電話でのご対応が難しい場合がございますので、ネット予約システムをご利用ください。

ご予約はコチラ

PAGE TOP