一般診察

発熱

こどもの体調変化で特に多いのが、急な発熱です。発熱とは、体内に侵入した病原体などをやっつけようとする正常な反応です。

病気にならないようにする正しい反応ですから、熱が出たからすぐに解熱剤を使うというのは、必ずしも適切ではありません。とはいえ、あまりにも熱が高く、ぐったりして水分もちゃんと取れないような状態であれば、体力をどんどん消耗してしまいますので、解熱剤や氷、水枕などで冷やしてあげましょう。

3か月未満のこどもが発熱した場合、高熱の裏に重篤な疾患が隠れていて、急激に症状が変化する場合があります。3か月未満のお子さんが高熱(38度以上が目安)を出したら、迷わずに医療機関を受診いただくことをおすすめします。

熱が出たときの対処法

お子さんが急に発熱した場合は、 まず、以下2点を把握してください。

  1. 意識ははっきりしているか?(痙攣はしていないか?)
  2. 顔色は悪くないか?
  • 苦しそうではあるが意識がはっきりしている
  • 周囲に興味を示し痙攣もなく顔色も良い

といった状態であれば、無理に医療機関を受診せず、ひとまずお子さんをゆっくり休ませて、発熱による苦痛を和らげるホームケアをしてあげましょう。しかし、

  • なんだか呼びかけに対して反応が悪い
  • 顔色が悪く、唇の色も青い
  • 痙攣している

などの症状が見受けられる時は、医療機関を受診して下さい。

当院では24時間ネット予約、ネット問診が可能です

当院では24時間受付のネット予約・問診システムを導入しております。
混雑状況によってお電話でのご対応が難しい場合がございますので、ネット予約システムをご利用ください。

ご予約はコチラ

PAGE TOP