一般診察

溶連菌

溶連菌感染症

溶連菌感染症は「溶血性連鎖球菌」というバイ菌の感染によって引き起こされる病気です。「溶血性連鎖球菌」にはいくつかの種類が存在しますが、特に感染症を起こす頻度が高く、一般によく知られているのが「A群溶血性連鎖球菌」です。

「A群溶血性連鎖球菌」は、上気道炎、咽頭炎、皮膚や皮下組織などの感染症の原因菌としてよくみられるバイ菌の一つで、いろいろな症状を引き起こすことで知られています。

日常よくみられる病気として、

  • 急性咽頭炎(のどの炎症)
  • 膿痂疹(のうかしん:皮膚の炎症)
  • 蜂窩織炎(ほうかしきえん:皮膚の下の組織の炎症)
  • 猩紅熱(しょうこうねつ:全身の皮膚症状、関節の炎症、手足の痛みなどが出る病気)

などが挙げられます。これら以外にも、

  • 中耳炎、肺炎、化膿性関節炎、骨髄炎(骨の中の炎症)
  • 髄膜炎(脳やせき髄の周りに起こる炎症)

なども引き起こす場合があります。
また、菌が直接悪さをするのではなく、感染した人の免疫を介して、

  • リウマチ熱(炎症が関節、心臓、血管、神経等におこる病気)
  • 溶連菌感染後急性糸球体腎炎

なども起こすことが知られています。

当院では24時間ネット予約、ネット問診が可能です

当院では24時間受付のネット予約・問診システムを導入しております。
混雑状況によってお電話でのご対応が難しい場合がございますので、ネット予約システムをご利用ください。

ご予約はコチラ

PAGE TOP