予防接種

HPV(子宮頸がん)ワクチン

HPV(子宮頸がん)ワクチンの予防接種

HPV(子宮頸がん)ワクチンとは、ヒトパピローマウイルス(HPV)に対するワクチンで、特に発がん性の高いウイルス株の16型と18型に対するワクチンです。 有効率はとても高く、実際にガンが予防できているデータが発表されています。 抗体が作られる有効率は94%で、実際に子宮頸がんを予防しているというデータが出そろってきています。

HPV(子宮頸がん)ワクチンは、ヒトパピローマウイルス(HPV)に初めて感染することを予防する効果があるので、初めて感染する前に投与する必要があります。既に感染している場合には効果がありません。​子宮頸部へウイルスを運ぶのは性交渉だけと考えられます。はじめての性交渉の前に予防接種をうける必要があります。

接種対象者

小学6年生~高校1年生相当の女性

※十分な効果を得るために3回の接種が必要です。すべての接種を終えるのに約6ヶ月かかります。
※現在江戸川区では、対象の方へ予診票の個別送付を行なっていません。ご希望の方は江戸川区にお問い合わせのうえ、ご予約をお願いします。

予防接種価格については、以下ページをご覧ください。

予防接種(ワクチン)の価格

未成年者の単独受診(保護者の同伴なし)による予防接種をご希望の場合、未成年者の単独接種に関する同意書にご記入の上、ご提出ください。

※シルガード9のご予約をされた方は、ワクチンQダイアリーへの登録が必要です。
▼ワクチンQダイアリーへのご登録はこちら
https://vaccine-q-diary.com/user/#/C0501_UserConfirmJoin

PAGE TOP