第一世代抗ヒスタミン薬について

ポイント!

  • ポララミン、ペリアクチンなどの抗ヒスタミン薬は風邪症状を悪化させる可能性があります!
  • 第一世代抗ヒスタミン薬(ぺリアクチン、ポララミン)は痙攣を誘発しやすいお薬ですので、お子さんには使用しないようにしましょう!
  • 抗ヒスタミン薬は脳に作用し、こどもにおいては、痙攣を引き起こす可能性があるお薬です。
  • 抗ヒスタミン薬は気道の粘液分泌を低下させ、呼吸の症状を悪化させる可能性があります。
  • 諸外国では、風邪などにおける鼻水に対し、鼻水止めは危険性の方が上回るためほとんど使用されていません。
  • 当院でも、抗ヒスタミン薬は副作用の危険性が高いため鼻水止めとしては使用しません。

鼻水止めは危険な薬!?

今回は保護者の皆さんに、風邪やウイルス性の感染疾患で鼻水が出ている時に鼻水を止める効果のあるぺリアクチンやポララミンをはじめとした抗ヒスタミン薬の危険性についてご説明します。  風邪症状に抗ヒスタミン薬(ポララミン、ぺリアクチンなど)は飲ませないようにしよう! ポララミンやぺリアクチンと言った抗ヒスタミン薬は、風邪の症状の一つである鼻づまりや鼻水と言った症状を軽くする目的で、日本においてよく使用されてきました。しかし、これらのお薬は気道の粘液分泌を抑え込んでしまい、痰が硬くなり、うまく痰を外へ出せなくなってしまいます。

その結果、出しにくくなった痰をどうにか出そうとして咳込みが強くなったり、外に出せない痰が肺に詰まり、空気の交換がうまくできなくなってしまうこともあるのです。風邪の経過から見る、抗ヒスタミン薬は、あまり効果はなく、症状を悪化させてしまう可能性があるお薬なのです。抗ヒスタミン薬(ポララミン、ぺリアクチンなど)の内服は痙攣を誘発する可能性があります。  さらに最近の研究で、このような抗ヒスタミン薬は脳に影響を与えることも分かってきました。眠気や集中力、判断力、作業効率低下などの鎮静作用が強く日常生活に大きな影響を与えてしまいます。また、これらのお薬は、脳の中の痙攣を防ぐ神経の作用を弱くしてしまい、痙攣しやすい状態に変化させてしまう作用があるのです。とくにこどもは、神経系が発達段階のため、熱などの影響で痙攣しやすく、さらにこの薬で痙攣を誘発してしまうこともあるわけです。

ポララミン、ぺリアクチンなどの第一世代の抗ヒスタミン薬は実は危険性が高いお薬なのです。 当院でもポララミンやぺリアクチンなどの第一世代の抗ヒスタミン薬を処方していた時期もありましたが、さまざまな研究結果や海外の治療指針などを参考に、こどもへのポララミン、ぺリアクチンの処方は、痙攣を誘発したり、症状を悪化させたりする危険性があることが分かってきているため、処方を中止することにいたしました。

抗ヒスタミン薬の使用の適応、薬剤の選択は慎重に行う必要があることを保護者の皆さんへもお伝えしておきます。

キャップスクリニック4つの特長

①365年中無休で朝9時~夜21時まで診療(一部拠点除く)

キャップスクリニックでは、「標準的な治療」を365日受けることができる「治療提供拠点」を維持し、普及することに努めています。

日々お忙しい中でも安心してご受診いただけるよう、朝9時~21時まで開院しております(一部クリニックを除く)。年末年始、ゴールデンウィーク、お盆なども休まず診療しておりますので、いつでもご来院ください。

クリニック一覧はコチラ

②ご家族の皆様もご一緒に!

小児科でも、お子さまとご一緒にご家族の皆様も診察・予防接種等をお受けいただけます(受診される方全員のご予約・ネット問診をお済ませください)。

また、当院は24時間ネット予約受付システムを運営しており、いつでもご予約および事前問診が可能です。ご家族の皆様で同じお時間にまとめてご予約していただくことも可能となっております。

ご家族の皆様が同じ時間に予約する方法

③1枚の診察券で全クリニックをご受診いただけます

キャップスクリニックは首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)を中心に小児科・内科のクリニックを運営しています。現在開院しているクリニックは以下となります。

東京都 江戸川区 西葛西北葛西
渋谷区 代官山T-SITE
葛飾区 亀有
墨田区 錦糸町
品川区 東品川武蔵小山
練馬区 光が丘

埼玉県 志木市 志木
越谷市 越谷レイクタウン
千葉県 柏市 柏の葉
神奈川県 川崎市 武蔵小杉

④予防接種、各種健診を毎日実施しています

一般的に、予防接種は乳児健診などは曜日が限定されているクリニックが多い中、キャップスクリニックでは予防接種・健診を毎日実施しています(事前予約が必須)

原則、当院は朝から21時まで診療しておりますので、お忙しい中でもご都合のよいタイミングでご来院いただけます。

関連記事

  1. ​アトピー性皮膚炎の治療とスキンケア

  2. たばこの誤飲事故と対処法

  3. 夜尿(おねしょ)について

  4. こどものアレルギー性鼻炎の特徴、診断のポイントについて

  5. 鼻の吸引について

  6. アナフィラキシーとエピペン

PAGE TOP