ワクチン予防接種後の副反応について

予防接種後に赤く腫れたり、お熱が出たので受診した方がいいですか?と聞かれることが多くあります。

比較的よくみられる予防接種の副反応

  • 赤み、腫れ
  • 硬結(しこり)
  • お熱

※予防接種の種類によって出やすい副反応が異なります

  1. 赤み、腫れ、硬結については肘の関節をこえない範囲であれば様子をみていただいて大丈夫です。
  2. 赤み、腫れについては接種部位を冷やしてあげると少し楽になるのでおすすめです。
  3. お熱のほとんどは接種当日か、翌日に起こります。
  4. 本人が元気で、水分やご飯を摂ることができていれば、24時間は様子をみていただきます。
    その間にお熱が下がれば受診しなくて大丈夫です。

もしお熱が24時間以上続いたり、お熱が出たばかりでも本人がぐったりして水分や食事が摂れないようでしたら、ご受診をお勧めします。

関連記事

  1. 予防接種(ワクチン)の同時接種における安全性について

  2. 赤ちゃんの予防接種デビューとワクチンスケジュール

  3. 予防接種後のお子さんへの接し方、過ごし方

PAGE TOP