予防接種後のお子さんへの接し方、過ごし方

予防接種後のお子さんとの接し方

お子さんが泣いてしまっても、「頑張ったね」とできたことを褒めてあげましょう。そうすると、子供は泣いてしまった「ダメな自分」ではなく、泣いても「できた自分」を確認でき、必ず次へとつながります

注射の痛みは大人も子供も同じです。事前に知っていたほうが恐怖心は少なく、痛みも軽減すると言われています。
注射は「された」ではなく、「できた」という自信を持つことができれば、お子さんにとってポジティブなものとなります。

予防接種後の過ごし方

ワクチン接種後の激しい運動は避けましょう。

  • 接種部位を強くこするのは避けましょう
  • 過度な飲酒はお控えください
  • 生ワクチン(BCG、MRなど)は接種後4週間、不活化ワクチン(肺炎球菌、日本脳炎など)は接種後1週間、副反応の出現に注意しましょう

ご不明点がありましたらご相談ください。

関連記事

  1. 赤ちゃんの予防接種デビューとワクチンスケジュール

  2. 予防接種(ワクチン)の同時接種における安全性について

  3. ワクチン予防接種後の副反応について

PAGE TOP