赤ちゃんの予防接種デビューとワクチンスケジュール

このページでは、赤ちゃんの予防接種スケジュールや、予防接種で準備していただくこと、当日の流れなどをご説明しています。

赤ちゃんは免疫が未発達。免疫力をつけるためには生後2か月から予防接種を始めるのがおすすめです。ワクチンデビューではHib(ヒブ)、肺炎球菌、B型肝炎、4種混合、ロタウイルスワクチンが接種可能です
※2024年4月以降は5種混合ワクチンが公費接種可能となり、Hib(ヒブ)、4種混合ワクチンは5種混合ワクチンへと徐々に移行していく見込みとなります。
同時接種と単独接種では有効性や副反応に差がありません。

2ヶ月のお誕生日に予防接種デビューを!

2ヶ月の誕生日を迎えたら、できるだけ早いうちにワクチンを接種することをおすすめします。ワクチンを接種する目的はVPD(ワクチンで防ぐことのできる病気)の予防です。赤ちゃんは免疫が未発達のため、感染症にかかると治療が必要になったり、命にかかわる場合があります。

生まれたばかりの赤ちゃんはお母さんからもらった免疫で守られていますが、少しずつ減っていき、生後6ヶ月ごろにはなくなってしまいます。お母さんの免疫の代わりに大切な赤ちゃんを守ってくれるのがワクチンです。お母さんからもらった免疫がなくなる生後6ヶ月ごろまでにしっかりと免疫をつける必要があるため、生後2ヶ月からのワクチン接種がとても大事になります。

キャップスクリニックでは、ワクチンの種類やスケジュールの説明などを行い、安心してワクチンデビューをできるようサポートさせていただきます。

生後2か月のワクチンデビューが予約いっぱいで予約できないという事が起きないよう、可能なかぎりご予約をお受けいたします。ネット予約の予約枠がいっぱいな場合、クリニックへお電話いただければご予約日時を調整させていただきます。お電話でスタッフに“ワクチンデビュー”とお伝えください。

予防接種の種類について

ワクチンデビューでは定期接種のHib(ヒブ)、肺炎球菌、B型肝炎、4種混合、ロタウイルスワクチンが接種できます。
※2024年4月以降は5種混合ワクチンが公費接種可能となり、Hib(ヒブ)、4種混合ワクチンは5種混合ワクチンへと徐々に移行していく見込みとなります。

ロタウイルスワクチンには2種類あるので、違いなどはこちらのページをご覧ください。

ワクチンの同時接種について

同時接種と単独接種ではワクチンの有効性や副反応に差がないことが証明されています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

予防接種当日の流れ

当日の持ち物

  • 予防接種予診票(接種券)
  • 母子手帳
  • 健康保健証(初来院になる方、又は診察もご希望時)
  • 乳幼児医療証(初来院になる方、又は診察もご希望時)

赤ちゃんの着替えやおむつ、ミルクなどの準備もしておくと安心です。

当日の朝にすること

赤ちゃんの体調に変化がないか確認をお願いします。熱や咳、鼻水などの症状がないか、ミルクの飲みはいいか、ウンチがゆるくなっていないかなどに注意して観察してください。また、朝のうちに赤ちゃんの体温を測っておきましょう。体温が37.5℃を超えている場合は予防接種を受けることができない可能性があるため、その場合はクリニックまで連絡をお願いします。

授乳の時間

授乳は予約時間の30分前までに済ませておくようにお願いします。また、ロタウイルスワクチンは内服なので、服用直後に吐いてしまうとやり直しになることがあります。直前の授乳はしないようにお願いします。病院へ行く途中で赤ちゃんがぐずったり、交通機関が遅れたりすることもあります。予約時間に遅れないよう、時間に余裕をもって出発しましょう。

来院したら

受付で予防接種を受けにきた旨を伝え、予診票と母子手帳、健康保険証、乳幼児医療証を預けてください。

接種後の流れ

予防接種後は、重大な副反応(アナフィラキシー)がおきないか、院内で体調を観察します。副反応(アナフィラキシー)は接種後30分以内に起こりやすいため、当院では15分ほど院内待機をしていただきます。15分経っても異変がなければお会計をして帰宅になります。

院内の混雑回避のため、接種後に院内待機していたただく必要がないとご案内する場合がございます。

帰宅後の過ごし方

赤ちゃんの体調が安定していればお風呂はOKですが、接種箇所を強くこすらないように気を付け、長湯は避けてください。ミルクは接種後30分以上経過してからあげるようにしてください。万が一赤ちゃんが嘔吐した場合に、副反応の症状かどうかを見分けるためです。

発熱などの症状やじんましんや発疹が出ていないか、息が荒かったり苦しそうにしていないかなど、赤ちゃんの体調の変化に注意してください。いつもと様子が違うことがあれば、ご相談ください。

キャップスクリニックでは、医師・看護師・医療クラークの皆様を募集しています!

キャップスクリニックは首都圏を中心に365日診療を実施しています。

①365年中無休で朝9時~夜21時まで診療(一部クリニック除く)

キャップスクリニックでは、「標準的な治療」を365日受けることができる「治療提供拠点」を維持し、普及することに努めています。

日々お忙しい中でも安心してご受診いただけるよう、朝9時~21時まで開院しております(一部クリニックを除く)。年末年始、ゴールデンウィーク、お盆なども休まず診療しておりますので、いつでもご来院ください。

東京都 江東区 東雲(豊洲 辰巳 有明)
江戸川区 西葛西北葛西
渋谷区 代官山T-SITE
葛飾区 亀有
墨田区 錦糸町
品川区 東品川武蔵小山
板橋区 板橋(東武練馬駅)
練馬区 光が丘
足立区 西新井
国立市 国立

埼玉県 さいたま市 南浦和
志木市 志木
川口市 川口
越谷市 越谷レイクタウン
草加市 草加松原
川越市 川越
千葉県 千葉市 稲毛海岸
柏市 柏の葉
流山市 流山おおたかの森
鎌ケ谷市 新鎌ケ谷
八千代市 八千代緑が丘
印西市 千葉ニュータウン中央
神奈川県 横浜市 天王町 (星川駅、天王町駅、西横浜駅)
川崎市 武蔵小杉小田栄
海老名市 海老名
茅ヶ崎市 茅ヶ崎

②ご家族の皆様もご一緒に!

小児科でも、お子さまとご一緒にご家族の皆様も診察・予防接種等をお受けいただけます(受診される方全員のご予約・ネット問診をお済ませください)。
※ご症状によっては内科受診をお勧めさせて頂く場合がございます。

また、当院は24時間ネット予約受付システムを運営しており、いつでもご予約および事前問診が可能です。ご家族の皆様で同じお時間にまとめてご予約していただくことも可能となっております。

ご家族の皆様が同じ時間に予約する方法

③1枚の診察券で全クリニックをご受診いただけます

キャップスクリニックは首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)を中心に小児科・内科のクリニックを運営しており、全クリニック共通の診察券でご受診いただけます。

④予防接種、各種健診を毎日実施しています

一般的に、予防接種は乳児健診などは曜日が限定されているクリニックが多い中、キャップスクリニックでは予防接種・健診を毎日実施しています(事前予約が必須)

原則、当院は朝から21時まで診療しておりますので、お忙しい中でもご都合のよいタイミングでご来院いただけます。

関連記事

  1. ワクチン予防接種後の副反応について

  2. 予防接種(ワクチン)の同時接種における安全性について

  3. 予防接種後のお子さんへの接し方、過ごし方

PAGE TOP