おむつかぶれの原因。おうちケアのやり方

おむつかぶれの原因

肌が尿・便と長く接すること

おむつかぶれは、赤ちゃんのお肌が尿・便と長い時間接していることが原因で起こります。おむつの中の湿度が高くなると皮膚が傷つきやすい状態になります。そこに、尿に含まれる物質や便の中にいる細菌などが炎症を引き起こしておむつかぶれになるのです。

また、おむつの中を蒸れた状態のままにしておくとカビが繁殖することもありますので、注意しなければなりません。

おむつかぶれの予防

お尻が汚れてしまったら、まずはぬるま湯で洗い流してあげましょう。そのあとは、柔らかい布でポンポンと水分を拭き取ってあげたり、ドライヤーの冷風で乾かしてあげるのが、赤ちゃんのお肌にとって刺激が少ないです。

できれば、お風呂でお尻を沐浴させてあげるのが一番良いかとは思いますが、保護者の皆様の手間などを考えると、霧吹きにぬるま湯を入れ、吹きかけて洗い流すのも良いかもしれません。この時も、汚れを落とした後はしっかりと乾かしてあげてください。

おむつかぶれの治療

赤ちゃんがおむつかぶれになってしまったときの治療法をご説明します。

かぶれた部分に亜鉛華軟膏を塗る

まずは、亜鉛華軟膏(あえんかなんこう)という白い軟膏を患部にたっぷり塗り、尿や便が皮膚にくっつかないようにしましょう。便が出たら、便をふきとり、白い軟膏が取れたところに再度軟膏を塗り、お尻全体が白い軟膏でカバーされる状態を保ちましょう。

そして、お風呂に入るときは全て洗い流し、再び軟膏を塗ってください。これを3~4日続けると改善してくるでしょう。

抗炎症作用のある非ステロイド系塗り薬を使う

炎症が強い場合は、非ステロイド系の抗炎症作用のある塗り薬を使用します。

炎症が強い場合、ステロイドを短期間使う

さらに炎症が強く、治りづらい場合には、ステロイドを短期間使用することもあります。

カビが原因の場合、カビに効く抗生剤の塗り薬を使う

蒸れた場所にはカビが繁殖してしまう場合があります。おむつかぶれの部分にぽつぽつと赤みのある発疹ができている場合にはカビの感染の可能性もありますので、そのようなときは医師にご相談ください。

お子さんの皮膚のトラブルはよく起こります。日々のスキンケアが皮膚トラブルの予防と治療にとても重要です。

キャップスクリニックでは、医師・看護師・医療クラークの皆様を募集しています!

キャップスクリニックは首都圏を中心に365日診療を実施しています。

①365年中無休で朝9時~夜21時まで診療(一部クリニック除く)

キャップスクリニックでは、「標準的な治療」を365日受けることができる「治療提供拠点」を維持し、普及することに努めています。

日々お忙しい中でも安心してご受診いただけるよう、朝9時~21時まで開院しております(一部クリニックを除く)。年末年始、ゴールデンウィーク、お盆なども休まず診療しておりますので、いつでもご来院ください。

東京都 江東区 東雲(豊洲 辰巳 有明)
江戸川区 西葛西北葛西
渋谷区 代官山T-SITE
葛飾区 亀有
墨田区 錦糸町
品川区 東品川武蔵小山
板橋区 板橋(東武練馬駅)
練馬区 光が丘
足立区 西新井
国立市 国立

埼玉県 さいたま市 南浦和
志木市 志木
川口市 川口
越谷市 越谷レイクタウン
草加市 草加松原
川越市 川越
千葉県 千葉市 稲毛海岸
柏市 柏の葉
流山市 流山おおたかの森
鎌ケ谷市 新鎌ケ谷
八千代市 八千代緑が丘
印西市 千葉ニュータウン中央
神奈川県 横浜市 天王町 (星川駅、天王町駅、西横浜駅)
川崎市 武蔵小杉小田栄
海老名市 海老名
茅ヶ崎市 茅ヶ崎

②ご家族の皆様もご一緒に!

小児科でも、お子さまとご一緒にご家族の皆様も診察・予防接種等をお受けいただけます(受診される方全員のご予約・ネット問診をお済ませください)。
※ご症状によっては内科受診をお勧めさせて頂く場合がございます。

また、当院は24時間ネット予約受付システムを運営しており、いつでもご予約および事前問診が可能です。ご家族の皆様で同じお時間にまとめてご予約していただくことも可能となっております。

ご家族の皆様が同じ時間に予約する方法

③1枚の診察券で全クリニックをご受診いただけます

キャップスクリニックは首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)を中心に小児科・内科のクリニックを運営しており、全クリニック共通の診察券でご受診いただけます。

④予防接種、各種健診を毎日実施しています

一般的に、予防接種は乳児健診などは曜日が限定されているクリニックが多い中、キャップスクリニックでは予防接種・健診を毎日実施しています(事前予約が必須)

原則、当院は朝から21時まで診療しておりますので、お忙しい中でもご都合のよいタイミングでご来院いただけます。

関連記事

  1. 子どものアレルギーについて

  2. 鼻の吸引について

  3. ​アトピー性皮膚炎の治療とスキンケア

  4. ​小児科と耳鼻科どっちに行けばいいの?

  5. ツロブテロール貼付薬ってなあに?

  6. 喘息の薬について

PAGE TOP