はじめに

日本における医療の問題点の一つに、患者さんと医療を提供する側の「情報の格差」であると考えております。その原因としては、医療を提供する側が、うまく患者さんに説明ができない、専門的すぎて説明を省略してしまう、時間がなくて説明ができないなどといったことが挙げられます。また、インターネット上には、様々な情報が氾濫し、どれが正しい情報かわからないまま、患者さんが間違った情報を取得している場合もあります。私たちは、その情報を地域の健康を支える医療機関として、責任を持ってみなさんにお届けしたいと考えております。医療情報をできるだけ多く、そしてわかりやすく、患者さんとそのご家族に伝えたい、そして本当にその治療が患者さんにとって良いものかということを、医学的、そして患者さんがおかれた家庭環境などの社会的背景を考慮し、医療を提供する側と患者さんが一緒になって考えていける環境を整えたいと強く願っています。医療を提供する側と受ける側ができるだけ近づくことで、よりよい医療が生まれると考えているのです。

「こども病気相談室」には、いままでの病院やクリニックではそこまで説明してくれなかったこと、日頃の診療で患者さんやその家族の方から多く質問を頂く内容、病気や健康に関する素朴な疑問などがたくさん書かれています。ここに書かせていただいたことだけでは足りないくらい、まだまだお伝えしていかなければいけないことはたくさんありますが、このFAQが医療と患者さんが近づく、足がかりになればと思っています。みなさんにはもっともっと、医療のことをいろいろと知ってもらい、健康や体のことに興味を持ってもらいたいとスタッフ全員が願っております。まず、皆さんにはこのを時間があるときに少しでも目を通していただければ幸いです。お子さんが風邪をひいて熱を出したり、胃腸炎で嘔吐したり、ちょっとあわててしまう状況があった時に必ず役に立つはずです。そして、このFAQの内容が少しでも頭の中にあれば、医師や看護師との会話もより充実したものとなるはずです。

「こども病気相談室」には、私たちの子どもたちと保護者の方々をサポートしたいという熱い思いが詰まっています。少しでも皆さんにそれが伝わり、よりよい生活そして子育てのサポートができればと思っております。

医療法人社団ナイズ 白岡亮平

キャップスクリニックは首都圏を中心に365日診療を実施しています。

①365年中無休で朝9時~夜21時まで診療(一部クリニック除く)

キャップスクリニックでは、「標準的な治療」を365日受けることができる「治療提供拠点」を維持し、普及することに努めています。

日々お忙しい中でも安心してご受診いただけるよう、朝9時~21時まで開院しております(一部クリニックを除く)。年末年始、ゴールデンウィーク、お盆なども休まず診療しておりますので、いつでもご来院ください。

東京都 江戸川区 西葛西北葛西
渋谷区 代官山T-SITE
葛飾区 亀有
墨田区 錦糸町
品川区 東品川武蔵小山
板橋区 板橋(東武練馬駅)
練馬区 光が丘
足立区 西新井

埼玉県 さいたま市 南浦和
志木市 志木
川口市 川口
越谷市 越谷レイクタウン
千葉県 柏市 柏の葉
流山市 流山おおたかの森
八千代市 八千代緑が丘
神奈川県 横浜市 天王町 (星川駅、天王町駅、西横浜駅)
川崎市 武蔵小杉

②ご家族の皆様もご一緒に!

小児科でも、お子さまとご一緒にご家族の皆様も診察・予防接種等をお受けいただけます(受診される方全員のご予約・ネット問診をお済ませください)。

また、当院は24時間ネット予約受付システムを運営しており、いつでもご予約および事前問診が可能です。ご家族の皆様で同じお時間にまとめてご予約していただくことも可能となっております。

ご家族の皆様が同じ時間に予約する方法

③1枚の診察券で全クリニックをご受診いただけます

キャップスクリニックは首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)を中心に小児科・内科のクリニックを運営しており、全クリニック共通の診察券でご受診いただけます。

④予防接種、各種健診を毎日実施しています

一般的に、予防接種は乳児健診などは曜日が限定されているクリニックが多い中、キャップスクリニックでは予防接種・健診を毎日実施しています(事前予約が必須)

原則、当院は朝から21時まで診療しておりますので、お忙しい中でもご都合のよいタイミングでご来院いただけます。

関連記事

  1. インフルエンザに感染したら?

  2. お子さんのための小児科クリニックの選び方

  3. キャップスクリニックにおける感染症対策について

  4. かかりつけ医の役割の重要性~キャップスクリニックの取り組み~…

  5. 小学校にあがる前に3種混合(DPT)と不活化ポリオワクチンの…

  6. 川崎病ってどんな病気?【小児科医が解説】

PAGE TOP