予防接種前の心の準備

予防接種のためにクリニックに来院される際、お子さんにどのような説明をして来院されていますか?
お子さんをスムーズに手を焼くことなくクリニックに連れていくには…と考えて「散歩」「ちょっとお出かけ」と黙って連れ出していませんか?

診察室で突然注射をすると聞かされ、興奮してしまうお子さんが多いのも現状です。

「今日は病気に負けない強い元気な子になるお薬の注射(チックン)の日だよ」
「元気にお友達と遊べるように注射(チックン)をするためクリニックに行きます」

お子さんの年齢によっては、お家でごっこ遊びのように、人形などで注射のシミュレーションをするのもよいと思います。診察をして、腕を出して、消毒して、腕を抑えて、チクンと注射、という流れを知ることができ、遊びを通してのリハーサルができます。

関連記事

  1. 小学校にあがる前に3種混合(DPT)と不活化ポリオワクチンの…

  2. かかりつけ医の役割の重要性~キャップスクリニックの取り組み~…

  3. はじめに

  4. お子さんのための小児科クリニックの選び方

  5. 川崎病ってどんな病気?【小児科医が解説】

  6. 薬の「基礎知識」と「上手な飲ませ方」

PAGE TOP