家庭でできる鼻かみ訓練

鼻水は、「鼻の吸引について」で示されているように、温度や湿度を調節したり、異物を外に出すための体の反応ですので、通常でも作られるものですが、あまりにも鼻水や鼻づまりで苦しい場合は、意図的に鼻水を外に出してあげると楽になります。

これが、鼻かみという行為ですが、外来を受診されるお子様をお連れのお母様の中には、意外にも鼻かみは小さいからまだできない、と思い込んでいらっしゃる方や、鼻かみは月齢が立つと自然にできるようになると考えられている方が多いように思われますが、お母様はいかがでしょうか?

実は、意図的な鼻かみは、ちょっとした訓練をすれば、意外に小さい月齢(2歳前後ぐらいから)でもできるのです。

お子様の成長・発達を日頃からよく観察していると、早いお子様で1歳過ぎぐらいから人のまねをする行為が出てきて、2歳前後になるとかなり正確に人のまねをすることをご存知でしょうか。この時期こそが鼻かみ訓練をするチャンスなんです!

では、その月齢以上にあるお子様にどのような訓練をしたら、うまく鼻かみができるかについて説明をしたいと思います。まず、鼻水が鼻の中にあって鼻づまりがある、あるいは鼻水がたれている状況がある時に、お子様と向き合い次のように話してあげながら実践してみてください。

 

○○ちゃん、あるいは○○くん、ここ触ってみて、ママのここ(鼻の下)は何もついていないね! だけど、○○ちゃん、あるいは○○くんのここは、何かお水みたいなのが付いてきたね!
これが、鼻じじ(鼻水)なんだよ! 鼻じじきれいにして、バイバイバイキンにしようか・・・・・と、
「じゃバイバイバイキンするから、お口を閉じて(口をママの手でつまむようにして)、ふーんとしてみて・・・・
ママが先にするからまねしてね!と言って鼻から息を強く出してみてください

 

言われていることが理解できる月齢にあるお子様は、1度で言われる通りにできますが、何回か時間をかけてできるお子様もいますので、1回に長い時間をかけて行うのではなく、興味がなくなったらやめ、また次の日に行うという時間をかけて行ってみてください。「今日はがんばったね、明日も練習しようね」と声をかけてあげましょう。
この時、お子様にも鼻息がみえるように、手鏡を鼻の下にかざし、ふーんとした時の鼻息をみせながら、徐々に強くふーんをすることを心がけると効果的なことがあります。

また、入浴時は血行、体循環がよくなるため、鼻水が出やすいので、昼間の訓練を生かして練習をするとよいでしょう。少しでも鼻息が手鏡に出て白くなったり、鼻からふーんができた場合は、しっかりほめてあげましょう!これを繰り返すと、意外にも小さい月齢でも鼻かみができますよ!1度ご家庭で試してみてはいかがでしょうか。

鼻かみ訓練を実際に行ってみたいと思われるお母様は、ぜひ看護師にご相談ください。

関連記事

  1. こどもが熱を出した時の対処法。解熱剤の正しい使い方

  2. 家庭でできる効果的な鼻の取り方

  3. 粉薬の上手な飲ませ方(小児用ドライシロップの味と相性の良い食…

  4. 坐薬の使い方【実践しようホームケア】

  5. 綿棒浣腸の方法

  6. 家族内で胃腸炎を広げない3つのポイント【実践しようホームケア…

PAGE TOP