家庭でできる効果的な鼻の取り方

何らかの原因(多くは風邪)で、鼻水、鼻づまり、咳き込んで夜間の睡眠を妨げてしまう状況がある小さなお子様をお持ちのお母様なら、何とかしてあげたいと思うのが普通です。その結果、鼻吸引をしてもらいたいとの思いで、クリニックを訪れる場合が多いと思いますが、当クリニックでは、一時的な鼻吸引はお子様に苦痛を与えるだけで、あまり意味がないため行っておりません

しかし、「鼻の吸引について」を見られるとお分かりのように、あまりに鼻水が多くて睡眠を妨げる場合は、一時的に鼻吸引をすることはよいとしています。鼻吸引を行う場合、鼻水の観察をしてください。

鼻水は、出始めはサラサラとしたいわゆる水鼻がでます。続いて2~3日すると粘調な鼻が出て徐々に少なくなります。水鼻の時は、あえて鼻吸引はせず出た鼻水を小まめに拭き取ってください。この時、乾いたティシュで強く何回も拭くと、鼻の下を傷つける形となり、炎症を起こしてしまいますので、ウエットティッシュで鼻をつまむようにして、出ている鼻水をとると、意外に嫌がらず拭かせてくれます。この時期は、上体を少し起こすような体位(頭を少し高くして斜めに寝かせる)をとるとよいでしょう。

鼻吸引の対象となるのは、粘調な鼻水で鼻づまりが強くなり、苦しそうな呼吸をしている2~3日目です。

1日の中で比較的鼻水が溜まりやすい時間帯は、朝起きた時、お昼寝から起きた時、入浴後が多いため、この時間帯に鼻吸引をしてみてはいかがでしょうか。特に入浴時は血行、体液循環がよくなり、鼻水が出やすくなっているので、鼻をつまむようにして出ている鼻水を2~3回とるとよいでしょう。また、少し月齢が立っているお子様(1歳~ 早ければ8ヶ月ぐらいでもできる)は、少しお湯を手に取って顔にかけ、鼻をつまんで出ている鼻水をとるのも効果的です。ティッシュを「こより」にして鼻先に入れ、コチョコチョくすぐり、くしゃみをさせて出た鼻水を、鼻をつまんで取る方法もあります。

家庭でできる鼻吸い器も、今はいろいろ工夫されたものが市販されているので、今この子にとってどれが一番よいのかを考え、購入されるとよいでしょう。

次に、鼻吸い器を効果的に使用するための1つの方法をお話しします。まず、畳、ベットでもよいのですが、少し硬めの場所にバスタオルを敷、お子様の両手、足を包んでのりまき状態にし、お母様の手で吸う鼻の孔を開くようにし、副鼻腔(目の下の部分)をマッサージしながら、交互吸引すると、鼻水が取れますので行ってみてください。

鼻吸引の仕方を実際に行ってみたいお母様は、ぜひ看護師にご相談ください。

キャップスクリニックは首都圏を中心に365日診療を実施しています。

①365年中無休で朝9時~夜21時まで診療(一部クリニック除く)

キャップスクリニックでは、「標準的な治療」を365日受けることができる「治療提供拠点」を維持し、普及することに努めています。

日々お忙しい中でも安心してご受診いただけるよう、朝9時~21時まで開院しております(一部クリニックを除く)。年末年始、ゴールデンウィーク、お盆なども休まず診療しておりますので、いつでもご来院ください。

東京都 江戸川区 西葛西北葛西
渋谷区 代官山T-SITE
葛飾区 亀有
墨田区 錦糸町
品川区 東品川武蔵小山
板橋区 板橋(東武練馬駅)
練馬区 光が丘
足立区 西新井

埼玉県 さいたま市 南浦和
志木市 志木
川口市 川口
越谷市 越谷レイクタウン
千葉県 柏市 柏の葉
流山市 流山おおたかの森
八千代市 八千代緑が丘
神奈川県 横浜市 天王町 (星川駅、天王町駅、西横浜駅)
川崎市 武蔵小杉

②ご家族の皆様もご一緒に!

小児科でも、お子さまとご一緒にご家族の皆様も診察・予防接種等をお受けいただけます(受診される方全員のご予約・ネット問診をお済ませください)。

また、当院は24時間ネット予約受付システムを運営しており、いつでもご予約および事前問診が可能です。ご家族の皆様で同じお時間にまとめてご予約していただくことも可能となっております。

ご家族の皆様が同じ時間に予約する方法

③1枚の診察券で全クリニックをご受診いただけます

キャップスクリニックは首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)を中心に小児科・内科のクリニックを運営しており、全クリニック共通の診察券でご受診いただけます。

④予防接種、各種健診を毎日実施しています

一般的に、予防接種は乳児健診などは曜日が限定されているクリニックが多い中、キャップスクリニックでは予防接種・健診を毎日実施しています(事前予約が必須)

原則、当院は朝から21時まで診療しておりますので、お忙しい中でもご都合のよいタイミングでご来院いただけます。

関連記事

  1. 綿棒浣腸の方法

  2. 家族内で胃腸炎を広げない3つのポイント【実践しようホームケア…

  3. 坐薬の使い方【実践しようホームケア】

  4. 花粉症予防と対策

  5. お薬の飲ませかた

  6. こどもが熱を出した時の対処法。解熱剤の正しい使い方

PAGE TOP