お子さんがケガをしたら?

ポイント!

  • ケガをした場合は、傷口に付着した異物や細菌を水道水でしっかりと洗い流すことが何より重要です。
  • 消毒薬は傷口の修復力を遅らせてしまうので、通常使用しません。
  • 傷口の湿潤環境を保つドレッシング材を貼り、かさぶたを作らずに傷がふさがるのを待ちます。

傷口に対する新しい考え方

従来、傷が出来たときには、ご家庭で毎日消毒をして、ガーゼや絆創膏で傷口を覆ったり、傷口を乾燥させ、かさぶたが出来るのを待ったりしていた方も多いと思います。

最近になって、消毒液はむしろ傷口の治りを悪くさせるので不要であり、傷口は水道水で十分洗い流すことがなにより重要であることが分かってきました。また、傷口を乾燥させることなく、かさぶたを作らずに治すほうがきれいに治るということも分かってきて、傷口の処置に対する考え方は変化しています。

最新の傷口に対する処置についてご説明します。

ケガをしたときの処置方法

Step1. 水できれいに洗い流す

傷が出来たとき、周囲の皮膚や傷口の下の細胞からはいろいろな種類のサイトカインと呼ばれる化学物質が出て、傷口の修復を開始します。消毒薬は、傷口を修復しようと働いている細胞を破壊してしまうため、消毒薬を直接傷口に使用すると傷の治りが遅くなってしまいます。異物や汚れ、細菌、血の塊などを十分に洗い流することが、傷口をきれいに治すためにとても大切です。汚れや細菌が残ったままだと、傷口から感染を起こしてしまいます。

また、水道水は洗浄液として安全で効果的であるといわれています。たっぷりの水道水か生理食塩水で十分に洗い流しましょう。

Step2. 「湿潤環境」を維持する

傷口の細胞から出るサイトカインという物質が周囲の細胞にいろいろな信号を出すことで、細胞の移動が起き、傷口を埋める肉芽組織、上皮が出来あがっていきます。傷口が乾燥していると、有効なサイトカインが目的の細胞に届かないほか、細胞が移動できず、皮膚の再生が進みません。

傷口からは黄色透明な液体がにじみ出てきますが、これを「滲出液(しんしゅつえき)」と言います。滲出液は傷口を修復するサイトカインが目的の細胞に届くように、傷口を湿潤に保っています。

しかしその一方で、滲出液にはエラスターゼなどの組織を傷害してしまう酵素も含まれているため、滲出液が多すぎても傷は治りにくいと言われており、適度に浸出液を吸収することも必要です。したがって、傷口の治癒には、乾燥させない程度に「適度な湿潤環境」が必要なのです。

最近は、外部の刺激から傷口を保護しつつ、適度な湿潤環境を維持することができる新しいタイプの被覆材が市販されています。『キズパワーパッド』、『ハイキュアパッド』などが代表的な商品です。
これら新しいタイプの被覆材は、傷を密閉して菌の侵入を防ぐ一方、傷の治癒に有益な浸出液を適度に吸収、保持して、傷の治りに最適な環境をつくることが出来ます。小さな切り傷、擦り傷、靴ずれ、軽度の火傷などは、従来の絆創膏よりきれいに傷口を治すことが出来ます。

Step3. 浸出液の膨らみが端まで達したら貼り換える

被覆材は貼り替えずにできるだけ長く貼ったままにしたほうが、傷の治癒に最適な環境を維持し続けることができ、傷の治りが促進されます。そのままお風呂に入ってもかまいません。

しかし、端がはがれてきたり、浸出液(白いゲル状の膨らみ)がパッドの端まで達した時は、傷口を密閉できず、水や菌が侵入し、感染を起こして化膿するおそれがあるので貼り替えて下さい(詳しくはそれぞれの製品に添付されている使用方法をよくお読みください)

こういう時は注意!!

すでに感染の合併を疑う傷(腫れや熱感、膿を伴っている傷)や、人間、動物による噛み傷には、上記のような新しい被覆材を使用してはいけません。密閉することにより傷口の感染を悪化させる可能性があるからです。

貼っているうちに、傷口の腫れや赤み、痛みがどんどん強くなる時は、傷口の感染が疑われるため、すぐに被覆材をはがし、病院を受診してください。すでにかさぶたになっている傷に使用すると、はがす時にかさぶたがくっついて再び傷つけてしまう可能性があるので、使用しないでください。

キャップスクリニック4つの特長

①365年中無休で朝9時~夜21時まで診療(一部拠点除く)

キャップスクリニックでは、「標準的な治療」を365日受けることができる「治療提供拠点」を維持し、普及することに努めています。

日々お忙しい中でも安心してご受診いただけるよう、朝9時~21時まで開院しております(一部クリニックを除く)。年末年始、ゴールデンウィーク、お盆なども休まず診療しておりますので、いつでもご来院ください。

クリニック一覧はコチラ

②ご家族の皆様もご一緒に!

小児科でも、お子さまとご一緒にご家族の皆様も診察・予防接種等をお受けいただけます(受診される方全員のご予約・ネット問診をお済ませください)。

また、当院は24時間ネット予約受付システムを運営しており、いつでもご予約および事前問診が可能です。ご家族の皆様で同じお時間にまとめてご予約していただくことも可能となっております。

ご家族の皆様が同じ時間に予約する方法

③1枚の診察券で全クリニックをご受診いただけます

キャップスクリニックは首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)を中心に小児科・内科のクリニックを運営しています。現在開院しているクリニックは以下となります。

東京都 江戸川区 西葛西北葛西
渋谷区 代官山T-SITE
葛飾区 亀有
墨田区 錦糸町
品川区 東品川武蔵小山
練馬区 光が丘

埼玉県 志木市 志木
越谷市 越谷レイクタウン
千葉県 柏市 柏の葉
神奈川県 川崎市 武蔵小杉

④予防接種、各種健診を毎日実施しています

一般的に、予防接種は乳児健診などは曜日が限定されているクリニックが多い中、キャップスクリニックでは予防接種・健診を毎日実施しています(事前予約が必須)

原則、当院は朝から21時まで診療しておりますので、お忙しい中でもご都合のよいタイミングでご来院いただけます。

関連記事

  1. おむつかぶれの原因。おうちケアのやり方

  2. こどもの気管支喘息。​喘鳴の聞き分けと気管が狭くなる原因

  3. こどもが中耳炎になった時は?急性中耳炎・滲出性中耳炎

  4. 喘息の薬について

  5. 子どものアレルギーについて

  6. 夜尿(おねしょ)について

PAGE TOP