​小児科と耳鼻科どっちに行けばいいの?

ポイント!

小児科、耳鼻科どっちに受診すればいいか迷われたことは、多々あると思います。そして、治療方針が違ってどっちのいうことを聞けばいいのかわからなくなってしまうこともあると思います。耳鼻科と小児科の受診を迷った際には、一度、小児科医に相談してみるとよいでしょう。耳鼻科受診が必要かどうかを小児科医の目で判断します。

こどもの特性を理解した診察が必要

お子さんが鼻水、耳痛、喉の痛みなどをを訴えたときに、耳鼻科と小児科のどちらを受診すればいいか迷われている方は多いと思います。中耳炎のように分かりやすい症状があればいいのですが、子供は上手に病状を訴えられないので、保護者の皆様で正確な判断をするのは難しいのが現実です。

まず、こどもの病気はウイルスや細菌感染を原因とするものが多いところが特徴です。ウイルスや細菌に感染すると、鼻・耳・喉のほかにも、全身に症状が出る可能性があります。症状が出ているからだの一部分だけを見ても正確な診断が下せないことが多くありますので、わずかな兆候を見逃さないためにも、

  • 肺の聴診
  • 腹部の診察
  • リンパ節の腫脹の有無

といった、全身の診察が必要です。

また、こどもは症状をうまく言葉で伝えることができないため、医師や看護師がうまく症状を見つけだしていくことが重要となります。そのためには、こどもの特性をきちんと理解した医師、看護師による診察・看護が必要なのです。

小児科医、小児科看護師は、幅広く小児に関する疾患を学び、トレーニングを受け実際の診療・看護を行っています。とくに、小児特有の疾患やどういう時に重症化しやすいか、そして年齢に応じた検査、治療法は何かということをしっかり見分けています。

こどもの症状をみるときには、耳鼻科、眼科、皮膚科などの先生と密に連携をとって診療をしていく必要があります。 皆様にも、耳鼻科や皮膚科で指導された内容と、小児科で指導された内容が異なっていて混乱されたことがあるのではないでしょうか。その理由が上記に示したことが原因なのです。

鼻や耳だけのことを見れば、耳鼻科の先生が正しいのかもしれませんが、相手はこどもです。小児にはどのような特徴があるのか、そして、全身的な症状を加味してどのような治療法が適切なのかを考えて治療をしていく必要があります。また、こどもは発達段階によって感染・罹患する疾患も異なってきますし、行うことのできる治療も変わってくるのです。小児科医はそこまで考慮し適切な治療法を選択しているのです。

そして、耳鼻科、眼科、皮膚科の専門的な処置が必要であったりする場合には、必ず適切な診療科にご紹介しております。 最終的に何科にかかるかは保護者の皆さんの判断になります。保護者の皆さんが十分に小児という特徴を理解し、治療法を選択していく必要があります。 何科にかかればいいかわからない場合には、小児のスペシャリストである、小児科クリニックにまず受診していただくことが、お子さんの適切な診断・治療につながると思います。

キャップスクリニック4つの特長

①365年中無休で朝9時~夜21時まで診療(一部拠点除く)

キャップスクリニックでは、「標準的な治療」を365日受けることができる「治療提供拠点」を維持し、普及することに努めています。

日々お忙しい中でも安心してご受診いただけるよう、朝9時~21時まで開院しております(一部クリニックを除く)。年末年始、ゴールデンウィーク、お盆なども休まず診療しておりますので、いつでもご来院ください。

クリニック一覧はコチラ

②ご家族の皆様もご一緒に!

小児科でも、お子さまとご一緒にご家族の皆様も診察・予防接種等をお受けいただけます(受診される方全員のご予約・ネット問診をお済ませください)。

また、当院は24時間ネット予約受付システムを運営しており、いつでもご予約および事前問診が可能です。ご家族の皆様で同じお時間にまとめてご予約していただくことも可能となっております。

ご家族の皆様が同じ時間に予約する方法

③1枚の診察券で全クリニックをご受診いただけます

キャップスクリニックは首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)を中心に小児科・内科のクリニックを運営しています。現在開院しているクリニックは以下となります。

東京都 江戸川区 西葛西北葛西
渋谷区 代官山T-SITE
葛飾区 亀有
墨田区 錦糸町
品川区 東品川武蔵小山
練馬区 光が丘

埼玉県 志木市 志木
越谷市 越谷レイクタウン
千葉県 柏市 柏の葉
神奈川県 川崎市 武蔵小杉

④予防接種、各種健診を毎日実施しています

一般的に、予防接種は乳児健診などは曜日が限定されているクリニックが多い中、キャップスクリニックでは予防接種・健診を毎日実施しています(事前予約が必須)

原則、当院は朝から21時まで診療しておりますので、お忙しい中でもご都合のよいタイミングでご来院いただけます。

関連記事

  1. アナフィラキシーとエピペン

  2. 喘息の薬について

  3. クループ症候群について

  4. こどもが中耳炎になった時は?急性中耳炎・滲出性中耳炎

  5. ツロブテロール貼付薬ってなあに?

  6. 蕁麻疹(じんましん)の原因と治療・薬

PAGE TOP